黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

M2サイクロン部品収集と、アイソレーター組み付け

どうもみなさまこんばんは。

子供が風邪を引いたり、看病してたらその風邪をもらったり…で長いことガレージから遠ざかっておりました。


20170723_1m2サイクロン

その間にも、ちゃくちゃくと増えていくM2サイクロンのパーツ達。
前後ホイール、スイングアーム、ステムが2セットづつあるのはご愛嬌。
M2サイクロン用ってことで入手したステムがX1用のものだった・・・という悲しい失敗はありましたが、大きなトラブルもなく部品収集中です。

詳細はこちら→M2サイクロンの部品の収集


問題なのはM2サイクロン用のKS11型エンジンユニット。

分かっていたことだけど、スポスタ乗りのカスタムパーツとしてとても人気が高い部品なので、なかなか入手が難しいのです。
クランクケースとクランクシャフトは入手できているので、最悪腰下はKS11、腰上はスポスタ!というエンジンであればお安く済ますこともできますが・・・流石にそれはないですよね~。

今回は無事M2のKS11のケースを入手しておりますが、クランクケースがS1やX1の場合は車検を通すのに改造申請が必要になるので一手間も二手間も増えてしまいます。同型エンジンなので難しい手続きではないんでしょうが、それでもなかなかメンドクサイのは間違いないですしね。


20170723_2m2サイクロンアイソレーター組み付け

20170723_3m2サイクロンアイソレーター組み付け

バラバラでは邪魔なので、動かしやすいようにローリングシャシー状態にしようと作業しています。

悪名高きスイングアームピボット周りの組み付けは、噂に違わぬ作業性の悪さでした。
もう二度とやりたくない作業…なのですが、今の状態は完全な仮組みなのでいつかはきちんとやり直さなければなりません。
こんな構造を思い付いて、更に製品にしちゃうのは間違いなく"奇才"なのかもしれませんね。


Buell XBモデルのアイソレーター新旧比較

本日もBuell XBモデルのアイソレーターのお話です。

この間の記事でも紹介しましたが、高年式の車両に装着されていたアイソレーターをゲットすることができました。
安価だったにも関わらず、すごく状態が良くてとってもラッキーなお買い物でした。

我が家には他にも予備のアイソレーターがあったのですが、所有していたものと、今回入手したものは別物の部品。
そう、XB用のアイソレーターには元々のタイプと、改良型があるのです。

今回、その両者が揃いました。せっかくですので、比較してみたいと思います。


20170703_1Buell XBアイソレーター比較

これが2種類のアイソレーター。
見た目ですぐ分かりますが、左のボロい方が元々のタイプで、右のキラッと輝いているのが高年式のタイプ。


20170703_2Buell XBアイソレーター比較

比べてみると、違うのは多分ゴムの部分。
ブラケットも刻印が違うんですが、造りそのものは多分同じ、だと思います。


20170703_4Buell XBアイソレーター比較

ゴムの形がどう違うかは、一目瞭然。
上の元々のタイプはただの円筒形のようなゴムなのに対し、改良版の方はゴムがブラケット底部まで広がっています。


20170703_3Buell XBアイソレーター比較

ゴム形状の違いと合わせて、ボルトも違います。
元々のタイプはボルトとブラケットが接触しないよう、ワッシャー状のゴムが入ってますが、改良版には入っていません。
つまり、元々はボルト側に装着されていたゴムのワッシャーを、改良版ではアイソレーター本体のゴムと一体化させちゃったってことですね。理由は分からないけど・・・。

よくネット上で見かける「Buellのエンジンが落ちそう!!」というトラブル報告の写真で、この部分が車両によって違うなぁ、と前から思っていたのですが、それは年式によってこのアイソレーターの形状が異なるからだったのですね。


20170703_5Buell XBアイソレーター比較

元々のタイプと改良版とではパーツナンバーが全然異なっています。
元々のタイプは、L0501.02A8というパーツナンバー。


20170703_6Buell XBアイソレーター比較

一方で、改良版はL0501.4A8というパーツナンバー。
改良版なら普通、L0501.02A8Bとかになるんじゃないの?っていう気もしますが、なにか事情があったのでしょう。

それはそうと、Buellではよくパーツ自体にパーツナンバーが記載されているのを見かけます。これなら、パーツリストをもっていない人でも簡単に部品を注文できますね!

なんて素敵な配慮!流石Buell!

(ただし、発注先のメーカーはもうありません・・・)


Buell XBモデルのアイソレーター

どうも皆さまこんばんは。
中古部品ですが、XBモデル用のアイソレーターを前後セットでゲット致しました。

20170627_1buellXBアイソレーター

購入先はいつものヤフオク。

「ヤフオクは要らない部品を売りつけるところ」という意見もよく聞きますし、実際ゴミみたいな状態のものが届くことも稀にありますが、それでも絶版車の部品を簡単に購入することができる貴重な場所なのです。私のような田舎住まいの人間は、Buell乗りと交流する機会もほぼないので、超助かります。

なので、私はとっても大好きヤフーオークション。

話をアイソレーターに戻すと、今回購入したのは2007年式のXB12Scgのアイソレーター。
今後、絶版車のXB系Buellを維持していく中で、貴重になってくると予想しているパーツがこのアイソレーター。
必ず劣化していく消耗品のくせに、他の代替品がほぼないという困ったパーツです。
純正部品の新品はまだ手に入りますが、もちろん今後入手はどんどん難しくなっていくだろうし、そもそも消耗品のくせに無茶苦茶高価!いくつか買っておいてストックしておく経済力はありません。

そんな訳で、少しでも経済的な負担を減らしつつも、今後の維持に備えてストックを増やしておこうと、状態の良さそうな中古部品を安く入手できないかちょくちょくチェックして購入しているのです。


20170627_2buellXBアイソレーター

自慢話になっちゃうんですが、今回ゲットしたアイソレーターは「当たり」の部類でした。
なんとまぁ・・・新品かと見間違えるような状態だったのです(新品を知らないけど)。


20170627_3buellXBアイソレーター

ほら、ボルトもピッカピカ!!
以前購入したボロイアイソレーターは、ここのボルトが錆び錆びでした。
そして、私の2003年モデルのボルトも錆び錆びです。
もちろん、経年劣化で錆びるのもあるんでしょうが、高年式のモデルはボルトの表面処理が違う(良くなっている)ように見えます。


20170627_4buellXBアイソレーター

状態が良いので、ボルトの頭とブラケットの間隔をざっくり測定。
だいたい15mm空いていました。
アイソレーターのゴムが劣化すると、ここの間隔が狭くなっていって、最終的にはブラケットとボルトの頭がごっつんこしてしまうのです。


20170627_5buellXBアイソレーター

ゴムは艶々。嬉しい!!

しかし、たかだかゴムの癖に数万円というのは非常に辛い価格設定です。
XL系Buellのような安価な社外品があれば助かるのですが、XB系Buellのアイソレーターはハーレーとの共通部品ではなく専用部品だから、今後もそのようなものが出てくる可能性は低いのでしょう。なんせXB自体がマイナーな車種だから、社外品を作っても儲からないもんなぁ。社外品が作られたとしても、ロットの関係上高価なものになるのが目に見えています。


20170627_6buellXBアイソレーター

セットでついてきたタイロッドも超綺麗!タイロッドは3本ありますが、すべて同じ部品のようです。

しかし、このタイロッドが破損することなんて聞いたこともないので、ストックしておいても活躍の機会はなさそう。
XL系Buellではこのタイロッドはアジャスタブルでしたが、XB系Buellでは非アジャスタブル。エンジンの横方向の位置の微調整なんて、いらないよってことでしょうか?


20170627_7buellXBアイソレーター

リアアイソレーターも、その取り付けボルトも綺麗。

Buellのフレーム構造はエンジンとフレームが互いに支えあうような変テコなものですが、その一部をこんな細さのボルト一本が担っているのです。
リアアイソレーターはヘタってもエンジンを落っことすことはありませんが、根元のブラケットが割れることがあるそうです。ブラケットが割れたら、やっぱりエンジンは落っこちます。怖いですねー。でも、ブラケットが割れる位の力が掛かるなら、この細いボルトも折れちゃったりしないのかな?


Buell M2 リアアイソレーターとスイングアーム

Buell M2のスイングアームやピボットシャフト一式が届きました。

20170620_1BuellM2リアアイソレーター

完全バラバラ状態の私のBuell M2ですが、今の状態は動かし辛くてとても不便。そこで、どんな形でもよいのでとりあえず押し引き動かせる状態まで組み上げることにしました。
そんなことの為に新品のアイソレーター買うのも勿体ないぁ、と思っていたら、ちょうどヤフオクでこのセットを安く入手することができたのです。

この頃のBuellは'99年モデルからスイングアームの素材がアルミに変更されたそうで、それ以前のこのスチール製のスイングアームはほとんど売値が付かないような状態で取引されているようです。


20170620_2BuellM2リアアイソレーター

Buell M2を購入する前から不思議に思っていろいろ調べていたピボットシャフト付近の構造。フロントアイソレーター周りの構造はBuell XB系とそう大差はありませんが、リアアイソレーター周りは大きく異なります。

まず、スイングアームをマウントしているのはエンジンのクランクケース後端に取り付けられるマウントブロック。この部品がスイングアームの外側にかぽっと嵌ります。XB系ではこのマウントブロックはクランクケースと一体化しましたが、XL系Buellでは取り外しできるのです。


20170620_3BuellM2リアアイソレーター

ピボットシャフトはここで固定されます。
が、この固定する為のボルトがすごーく固くてまだ外せません。でもそれだけ固いのに、不思議なことにピボットシャフトは簡単に抜き差しできるのです。本当に、しっかり固定できるんだよね!?


20170620_4BuellM2リアアイソレーター

で、その外側にアイソレーターがちょこんとつくわけ。アイソレーターって予想していたよりも大きいんですね・・・。


20170620_5BuellM5リアアイソレーター

固定は1/2の大きなヘキサゴンで締め付けるだけ。


20170620_6BuellM2リアアイソレーター

そして、このエンジン・スイングアームの組み合わせユニットと、フレームとの接合点がこのアイソレーターのでっぱり部分となります。この10mm程のでっぱり部分との引っかかりのみで、フレーム重量とライダーの重量に耐えるのです。

変わった構造だなぁ。

と、呑気に感じている場合ではなくて、このアイソレータ―部分はフレームに挟み込んでいるだけなので、脱着は非常にメンドクサイだとか、ベルト交換でいちいち脱着が必要だとか、アイソレーター自体もやっぱり耐久性がイマイチとか、やっぱりいろいろ問題があるようです。

進化形のXB系ではご存知の通りまったく違う構造のアイソレーターに変わったことからも、やっぱりこの設計は問題があったのでしょうか?XB系のリアアイソレーターは、ブラケットが割れた、位しかトラブルは聞いたことがないので随分と進化したみたいですね。


フロントアイソレーター

またまたみんなのヤフオクで中古部品漁り。

20160328①

今回ゲットしたのはフロントアイソレーター。

ご存じ、ビューエルくんのエンジンはたった2つのゴムを介してフレームにぶら下げられているので、この部品には大変な荷重がかかっているハズです。

なので、ここのゴムがヘタるとエンジンがだんだんずり落ちてくるそうで・・・。

そんな重要な、しかも劣化していくゴム製の部品を中古で買うのって、どうなの?とは思うのですが、たかがゴムのくせに新品はすげー高いのです。

それに、緊急時にたとえボロでも予備があるとないとじゃ大違いじゃないですか。


20160328②

そうそう、前からずっと気になっていたのですが何故かここは隙間が空いているのです。


20160328③

今回現物を触って分かったことは、この隙間はスペーサーで意図的に作られているということ。

多分、ボルトとアイソレーターのステー(アルミの部分)が接触しちゃったら、せっかくのゴムの効果が軽減しちゃうからでしょうね。


20160328④

ゴムはアルミ製のステーに嵌め込まれているようです。

劣化するのはこのゴムの部分だけなんだから、このゴムの部分単品でパーツがでればいいのに・・・

このアイソレーター、ゴム製なので一応消耗品の部類なのですがASBのサイトでもリアだけで1万円以上します。フロントは何故か価格が載っておりませんでしたが、だいたい同じくらいするでしょう。

高価な上、そもそも交換するのも一苦労ですし、交換するオーナーさんはなかなかおられないんじゃないでしょうか?


20160328⑤

20160328⑥

ヤフオクの出品者さんによると「多分、後期型の~」とのことでしたが、私の2003年式XBとパッと見た感じは同じ形状のようです。

ゴムの部分の形状でも違うのでしょうか?


とりあえずフロント・リア共に予備が入手できましたので、ある日いきなりエンジンを落っことしても安心!
(実際は、だんだんと徐々にずり落ちてくるそうですね)

プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。

XB9Rホイールベアリング交換
BUELL XB9Rホイールベアリング交換

XB9R強化ドライブベルト化
BUELL XB9R強化ドライブベルト化
楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11