黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

Buell XB9R エア抜き完了で、快適ブレーキ生活中

20170613_1Buell XBラジポン

NISSINのラジアルポンプマスターシリンダーを装着した、我がXB9R。

装着した直後は、「なんだか頼りないタッチだな~、横型換算だとシリンダー径は大きくなってるし、こんなもんかな~?」と疑念まみれでしたが、その後エア抜きを繰り返す度にタッチは向上していきました。

そう、このタッチの良さ、安心して握り込める感じが素晴らしい!!

数少ない経験ではありますが、これまでの経験上、ブレーキ系統のエア抜きが一発でできたことはありません。そりゃ、明らかなエア噛みはフルード充填時に抜けるけど、細かい気泡や細部に残っている気泡は走行中の振動で徐々にブリーダー付近まで上がってくるようなイメージを持っています。

でも、バイク屋さんのようなプロはそんなことしてる訳ないし、どうやって一発でエア抜きしてるんでしょうね?気になる・・・


20170613_2Buell XBラジポン

昔ながらのエア抜き方法、名付けて「ブレーキに圧力を掛けたまま一晩放置作戦」。

でもこの方法、エア抜きの方法としては全く意味がないよ!という意見をインターネット上ではよく見かけます。確かに、ブレーキラインに圧力を掛けると、どうしてエアがリザーバータンクまでいくんだろう・・・・。そもそも、マスターシリンダーのピストンが押し込まれていたら、ブレーキラインとエアーを抜く先のリザーバータンクは遮られるんじゃないの??

・・・・そんな、理屈で考えれば考えるほどよくわからない方法ではありますが、私は必ずやります。なぜかと言うと、昔、友人が新品で購入したPLOTのブレーキラインに初期不良があって、フィッティングのカシメ部分からフルードがじんわり染み出たことがあったからです。

そう、この方法はエア抜きに対しての効果は??ですが、ブレーキ系統の漏れチェックには間違いなく有効なのです。


20170613_3Buell XBラジポン

話はNISSINラジポンのタッチとコントロール性はすんごい!に戻りまして、そのタッチが良くなったように感じたのはブレーキレバーの変更によるところも少しがあるでしょう。

今まではこのような、ヤフオクでよく見かける可倒式のレバーを使っていましたが、ラジポン化と共にレバーは付属の非可倒式のものに変わりました。
するとどうでしょう!?レバーの剛性が上がるのはまぁ当たり前のことなんですが、それだけでなんだか安心して握り込めるようになった気がします。

いや、気がするだけなのかもしれないし、レバー形状とかその他の要素もあるかもしれないけど、今度はクラッチ側も純正の非可倒式レバーに交換してみよう、と感じた次第であります。



ビューエルさん作業完了!からの試乗

連休に入って早くも2日が経ちましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。
私はというと、ようやくビューエルくんが走行可能な状態にまで仕上がりましたので、本日早速試乗に出かけました。


20170504_1buellxb.jpg

作業の詳細は引き続きブログでご紹介したいと思いますが、まずは久しぶりにバイクに乗れて嬉しいぜ!というご報告。
やっぱりバイクはむちゃんこ気持ちい乗り物ですねー。
ホイールが黒色に変わったことで、イケメン度がググッとアップしたような気がします。


20170504_2buellxb.jpg

配線でも、アクセルワイヤー製作でもトラブルの連続で苦労したけど、ちゃんと計画通り装着できたSRのスイッチボックス。バフ掛けされた質感がトップブリッジとお揃で、とってもいい感じ。
アクセルワイヤーの取り回しの自由度がアップしたので、NISSINのラジアルマスターシリンダーも楽々装着。気になる肝心のブレーキタッチなんですが、すっごいコントロールし易い反面、何だかスポンジ―な印象。17mmのラジアルマスターは横型14mm相当とされているから、横型12.7mmのbuell XB純正マスターと比較すると、パスカルの原理上は純正よりもカッチリとしたタッチになるはずなんだけどなぁ。エア抜きが完全ではない可能性が大なので、エア抜きを繰り返して、もう一回確認してみましょう。

大型連休もあと3日!この勢いで、やりたかったことをどんどん消化したいところです。

ラジアルポンプマスター装着②:やっぱりすんなりはつかないよね

みなさまこんにちは。

空き時間を利用してちょくちょく作業を進めている、buell XB9R へのラジアルポンプマスターの取り付け。
事前に調べてみると、どうもすんなりいかないらしい・・・。

で、実際にやってみると、予想に反して装着するだけなら案外簡単にできました。
でも、納得いくように装着するにはやっぱりすんなりいきません!

今は納得いくように装着できるよう、いろいろ検討中です・・・。


20170116①

とりあえず、装着してみました。の状態。
純正のマスター同様、2本のボルトで固定するだけなのでとても簡単です。


20170116③

で、試しにぎゅーんっとハンドルを左に目一杯切ると、こんな感じでフロントカウルステーにごっつんこ。

ラジアルポンプマスターはどうしてもレバーの支点の位置がハンドルバーから遠くなるので、こんな風にカウルとの接触が起こりやすくなってしまいますね。
でも、当たっているのはレバーのこんもりとした一番出っ張っている部分なので、ここさえずらせばなんとかなりそう?


20170116④

ほらっ!?なんとかなった!!
マスターシリンダーの取り付け位置をハンドルバー根元に少しずらしたのです。
逆に、ハンドルバー先端の方にずらしても問題なさそう。
その場合はスイッチボックスを薄くするか、グリップを短くする必要がありますけどね。
いずれにしても、好きな位置にレバーを持ってくるのはちょっと無理そうです。

なお、取り付け位置のずらさなくても、レバーの角度を下向きにしてやっても装着自体はできますが、その場合はレバーがやや下向きになってブレーキの操作性がとっても微妙なので、おすすめではありません。


20170116②

接触するポイント、その②。
ラジアルポンプマスターのブレーキランプスイッチがアクセルワイヤーにごっつんこ。
また、ブレーキホースのバンジョーボルトもこのアクセルワイヤーとごっつんこします。
これらの問題は、マスターシリンダーの取り付け角度をちょうどいい感じに調整してやれば回避できるのですが、デメリットとしてブレーキレバーの角度を自由に調整できなくなります。


という訳で、ブレーキレバーの角度をある決まった角度にして、マスターの取り付け位置もある決まった位置にすれば、特に問題なくラジアルポンプマスターを取り付けることは可能ということが分かりました。
(私の場合社外セパハンなので、純正ハンドルバーだと若干違うかもしれません)

でもね、やっぱり少なくてもブレーキレバーの角度くらいは自由に調整したい!
とどうしても思ってしまうのです。このままじゃなんだか気持ち悪い!
そこで、ハンドル周りの部品一式を見直すことでもっとすっきり装着できないか検討してみることにしたのです。
純正のアクセルワイヤーの取り回しを変更するだけでも、かなり改善できそうですしね。

現在、構想もかなり固まって、主要な部品も入手しつつあるので、もうすぐ作業に取り掛かれそうですよー。

ラジアルポンプマスター届きました

20160802①

前回の記事の通り、ラジアルポンプマスター欲しい欲しい病にかかっていた私ですが、やはりというか購入してしまいました。

元々はハンドルバー周りをすっきり・綺麗にしたいという計画。
その方向性あればハーレーのカスタムで定番の、グリメカのような小型のマスターシリンダーに交換したいところなのですが、ラジアルマスターの性能も気になってしまったので仕方がありません。


20160802②

今回購入したのはNISSINのラジアルマスター。
皆さんご存知の通り、NISSINの部品は各社のバイクに純正採用されております。
同じNISSINラジアルマスターについてもホンダ・カワサキ等のバイクメーカーから出てるやつと、今回購入したやつのようにパーツメーカーから出ているやつ等いろいろあり、微妙に形状が異なるようです。

バイクメーカーから出ているやつのほうが安いと聞きますが、DAYTONAのやつとかはたまに安売りをしているので、あんまり差はないようにも感じます。


20160802③

やっぱり、新品の部品は良いですねー。
最近中古部品にしか触れていないので、新品部品はほんと久しぶりです。
少しでもすっきりさせる為にいらない部分はスムージングして~、ポリッシュ仕上げにして~、と企んでおりましたが、いざ部品を目の前にすると、もったいなくてそんな気は萎え萎えです。


20160802④

以前使用していた3/4のラジアルマスター (右) と今回届いたもの (左) を並べてみました。
おや?何やら形が違う・・・・


20160802⑤

以前使用していたタイプはブレーキフルードの入り口がマスター側面についているのに対し、


20160802⑥

今回届いたやつはブレーキフルードの入り口が真上についていますね。

どうやら知らない間にモデルチェンジをしたようです。
そう言えば、以前購入したときはこんなかっこいいパッケージじゃなかったような気がするなぁ。


20160802⑦

実際に装着してみないと取り回しはわかんないですけど、この変更でマスターシリンダー自体の横幅が狭くなっているので、周辺の部品と干渉しにくくなっていたら嬉しいですねー。


20160802⑧

あと、ブレーキラインとバンジョーも購入。
これらの部品は予想以上に高価だったので、今回明らかに予算オーバーになっちゃいました。
バンジョーボルト、一個2500円もするのですよ!?

ブレーキラインは今までプロトのスウェッジラインをよく使用しておりましたが、ネット上で注文しようと思ったら車種専用のキット売りばかりでなかなか汎用品が見つかりませんでした。
そんな訳で、今回は初めてアクティブが扱っているグッドリッジのビルドアラインにチャレンジです。
フィッティング類は迷わずステンレス製をチョイスですが、プロトのと違ってステンレスでもカラー仕上げでかっちょいいなぁ。



プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。

XB9Rホイールベアリング交換
BUELL XB9Rホイールベアリング交換

XB9R強化ドライブベルト化
BUELL XB9R強化ドライブベルト化
楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06