黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

お勉強用XB9Rエンジンユニット クランクケース洗浄・点検

20170815_1BuellXBクランクケース

随分前に購入した、お勉強用かつ部品取り用のXB9Rのエンジンユニット。

長いこと放置状態でしたが、夏休みで少し時間ができたので少しづつ続きの作業を進めますよ。


20170815_2BuellXBクランクケース

このエンジン、外側は派手に転倒した形跡があるし、スタッドボルトも曲がっていてエンジン降ろした後も倒したりしたと思われるし、加えてクランクケースには金属片が大量に付属しております。・・・まぁ、とにかくボロボロの状態。

スポーツスター系のエンジンはミッションケースとクランクケースが一体化になっているものの、それぞれの部屋は完全に分かれております。そこは、ビッグツイン系と同じですね。
今回、大量の金属片が付着しているのはミッションケースの方。

じゃあ、このエンジンは生前、ミッション部で何かしらのトラブルがあったのかな?

いえいえ・・・

20170815_3BuellXBクランクケース

それが、なぜかクランクケース側にも金属片が。
もう、なぜこんなことになっているのかさっぱり分かりません。


20170815_4BuellXBクランクケース

考えても分かりっこないので、とりあえず綺麗に洗浄してやりましょう。

ベアリング類はゴリゴリの見本かと思うくらい、ゴッリゴリなので、どうせ交換しなくてはなりません。ベアリングの油分など気にせず、徹底的に洗浄してやります。
きっと、すごい量の金属片がケース内にあったんでしょうね。


20170815_5BuellXBクランクケース

洗浄した結果、やはりミッションケース内に盛大なトラブル跡を発見。


20170815_6BuellXBクランクケース

20170815_7BuellXBクランクケース

これは一体何があったんでしょうね。

とにかく、何かしらの部品が破損、脱落して、ミッションギアに噛み込みながら暴れまわった、といったところでしょうか。
ミッションケースのベアリング類はもれなくゴリゴリで、一方でクランクシャフトのベアリングのダメージはほとんどなく、またオイルポンプの状態も良好だったことから、トラブル元はミッションで間違いなさそう。

でも、それならどうしてクランクケースにも金属片が???


20170815_8BuellXBクランクケース

XBエンジンとXLエンジンのクランクケース。
これらの下にはアッセンブリ状態のXBエンジンもございますよ。

一応断っておきますが、私はエンジンのオーバーホールなんて全くできません。せいぜい、マニュアルを参考に分解して、適当に形だけ組み立てる程度。
ガスケットを新品にする位ならともかく、クランクの芯だし?クリアランス調整?無理無理!そんなの内燃機さんに丸投げしようよ!

そんなレベルのド素人ですけれども、実際にエンジンを分解して、マニュアルと照らし合わせて・・・ってしていると、だんだんと何とかなりそうな錯覚に陥ってくるので恐ろしいものです。
エンジン自体も、買う気になればヤフオクでポチれば家に届くし!

これも、単純な構造のOHVエンジンを搭載しているBuell・ハーレーの楽しみ方の一つかもしれませんね。


Buell XBモデルのアイソレーター新旧比較

本日もBuell XBモデルのアイソレーターのお話です。

この間の記事でも紹介しましたが、高年式の車両に装着されていたアイソレーターをゲットすることができました。
安価だったにも関わらず、すごく状態が良くてとってもラッキーなお買い物でした。

我が家には他にも予備のアイソレーターがあったのですが、所有していたものと、今回入手したものは別物の部品。
そう、XB用のアイソレーターには元々のタイプと、改良型があるのです。

今回、その両者が揃いました。せっかくですので、比較してみたいと思います。


20170703_1Buell XBアイソレーター比較

これが2種類のアイソレーター。
見た目ですぐ分かりますが、左のボロい方が元々のタイプで、右のキラッと輝いているのが高年式のタイプ。


20170703_2Buell XBアイソレーター比較

比べてみると、違うのは多分ゴムの部分。
ブラケットも刻印が違うんですが、造りそのものは多分同じ、だと思います。


20170703_4Buell XBアイソレーター比較

ゴムの形がどう違うかは、一目瞭然。
上の元々のタイプはただの円筒形のようなゴムなのに対し、改良版の方はゴムがブラケット底部まで広がっています。


20170703_3Buell XBアイソレーター比較

ゴム形状の違いと合わせて、ボルトも違います。
元々のタイプはボルトとブラケットが接触しないよう、ワッシャー状のゴムが入ってますが、改良版には入っていません。
つまり、元々はボルト側に装着されていたゴムのワッシャーを、改良版ではアイソレーター本体のゴムと一体化させちゃったってことですね。理由は分からないけど・・・。

よくネット上で見かける「Buellのエンジンが落ちそう!!」というトラブル報告の写真で、この部分が車両によって違うなぁ、と前から思っていたのですが、それは年式によってこのアイソレーターの形状が異なるからだったのですね。


20170703_5Buell XBアイソレーター比較

元々のタイプと改良版とではパーツナンバーが全然異なっています。
元々のタイプは、L0501.02A8というパーツナンバー。


20170703_6Buell XBアイソレーター比較

一方で、改良版はL0501.4A8というパーツナンバー。
改良版なら普通、L0501.02A8Bとかになるんじゃないの?っていう気もしますが、なにか事情があったのでしょう。

それはそうと、Buellではよくパーツ自体にパーツナンバーが記載されているのを見かけます。これなら、パーツリストをもっていない人でも簡単に部品を注文できますね!

なんて素敵な配慮!流石Buell!

(ただし、発注先のメーカーはもうありません・・・)


Buell XBモデルのアイソレーター

どうも皆さまこんばんは。
中古部品ですが、XBモデル用のアイソレーターを前後セットでゲット致しました。

20170627_1buellXBアイソレーター

購入先はいつものヤフオク。

「ヤフオクは要らない部品を売りつけるところ」という意見もよく聞きますし、実際ゴミみたいな状態のものが届くことも稀にありますが、それでも絶版車の部品を簡単に購入することができる貴重な場所なのです。私のような田舎住まいの人間は、Buell乗りと交流する機会もほぼないので、超助かります。

なので、私はとっても大好きヤフーオークション。

話をアイソレーターに戻すと、今回購入したのは2007年式のXB12Scgのアイソレーター。
今後、絶版車のXB系Buellを維持していく中で、貴重になってくると予想しているパーツがこのアイソレーター。
必ず劣化していく消耗品のくせに、他の代替品がほぼないという困ったパーツです。
純正部品の新品はまだ手に入りますが、もちろん今後入手はどんどん難しくなっていくだろうし、そもそも消耗品のくせに無茶苦茶高価!いくつか買っておいてストックしておく経済力はありません。

そんな訳で、少しでも経済的な負担を減らしつつも、今後の維持に備えてストックを増やしておこうと、状態の良さそうな中古部品を安く入手できないかちょくちょくチェックして購入しているのです。


20170627_2buellXBアイソレーター

自慢話になっちゃうんですが、今回ゲットしたアイソレーターは「当たり」の部類でした。
なんとまぁ・・・新品かと見間違えるような状態だったのです(新品を知らないけど)。


20170627_3buellXBアイソレーター

ほら、ボルトもピッカピカ!!
以前購入したボロイアイソレーターは、ここのボルトが錆び錆びでした。
そして、私の2003年モデルのボルトも錆び錆びです。
もちろん、経年劣化で錆びるのもあるんでしょうが、高年式のモデルはボルトの表面処理が違う(良くなっている)ように見えます。


20170627_4buellXBアイソレーター

状態が良いので、ボルトの頭とブラケットの間隔をざっくり測定。
だいたい15mm空いていました。
アイソレーターのゴムが劣化すると、ここの間隔が狭くなっていって、最終的にはブラケットとボルトの頭がごっつんこしてしまうのです。


20170627_5buellXBアイソレーター

ゴムは艶々。嬉しい!!

しかし、たかだかゴムの癖に数万円というのは非常に辛い価格設定です。
XL系Buellのような安価な社外品があれば助かるのですが、XB系Buellのアイソレーターはハーレーとの共通部品ではなく専用部品だから、今後もそのようなものが出てくる可能性は低いのでしょう。なんせXB自体がマイナーな車種だから、社外品を作っても儲からないもんなぁ。社外品が作られたとしても、ロットの関係上高価なものになるのが目に見えています。


20170627_6buellXBアイソレーター

セットでついてきたタイロッドも超綺麗!タイロッドは3本ありますが、すべて同じ部品のようです。

しかし、このタイロッドが破損することなんて聞いたこともないので、ストックしておいても活躍の機会はなさそう。
XL系Buellではこのタイロッドはアジャスタブルでしたが、XB系Buellでは非アジャスタブル。エンジンの横方向の位置の微調整なんて、いらないよってことでしょうか?


20170627_7buellXBアイソレーター

リアアイソレーターも、その取り付けボルトも綺麗。

Buellのフレーム構造はエンジンとフレームが互いに支えあうような変テコなものですが、その一部をこんな細さのボルト一本が担っているのです。
リアアイソレーターはヘタってもエンジンを落っことすことはありませんが、根元のブラケットが割れることがあるそうです。ブラケットが割れたら、やっぱりエンジンは落っこちます。怖いですねー。でも、ブラケットが割れる位の力が掛かるなら、この細いボルトも折れちゃったりしないのかな?


Buell XB9R エア抜き完了で、快適ブレーキ生活中

20170613_1Buell XBラジポン

NISSINのラジアルポンプマスターシリンダーを装着した、我がXB9R。

装着した直後は、「なんだか頼りないタッチだな~、横型換算だとシリンダー径は大きくなってるし、こんなもんかな~?」と疑念まみれでしたが、その後エア抜きを繰り返す度にタッチは向上していきました。

そう、このタッチの良さ、安心して握り込める感じが素晴らしい!!

数少ない経験ではありますが、これまでの経験上、ブレーキ系統のエア抜きが一発でできたことはありません。そりゃ、明らかなエア噛みはフルード充填時に抜けるけど、細かい気泡や細部に残っている気泡は走行中の振動で徐々にブリーダー付近まで上がってくるようなイメージを持っています。

でも、バイク屋さんのようなプロはそんなことしてる訳ないし、どうやって一発でエア抜きしてるんでしょうね?気になる・・・


20170613_2Buell XBラジポン

昔ながらのエア抜き方法、名付けて「ブレーキに圧力を掛けたまま一晩放置作戦」。

でもこの方法、エア抜きの方法としては全く意味がないよ!という意見をインターネット上ではよく見かけます。確かに、ブレーキラインに圧力を掛けると、どうしてエアがリザーバータンクまでいくんだろう・・・・。そもそも、マスターシリンダーのピストンが押し込まれていたら、ブレーキラインとエアーを抜く先のリザーバータンクは遮られるんじゃないの??

・・・・そんな、理屈で考えれば考えるほどよくわからない方法ではありますが、私は必ずやります。なぜかと言うと、昔、友人が新品で購入したPLOTのブレーキラインに初期不良があって、フィッティングのカシメ部分からフルードがじんわり染み出たことがあったからです。

そう、この方法はエア抜きに対しての効果は??ですが、ブレーキ系統の漏れチェックには間違いなく有効なのです。


20170613_3Buell XBラジポン

話はNISSINラジポンのタッチとコントロール性はすんごい!に戻りまして、そのタッチが良くなったように感じたのはブレーキレバーの変更によるところも少しがあるでしょう。

今まではこのような、ヤフオクでよく見かける可倒式のレバーを使っていましたが、ラジポン化と共にレバーは付属の非可倒式のものに変わりました。
するとどうでしょう!?レバーの剛性が上がるのはまぁ当たり前のことなんですが、それだけでなんだか安心して握り込めるようになった気がします。

いや、気がするだけなのかもしれないし、レバー形状とかその他の要素もあるかもしれないけど、今度はクラッチ側も純正の非可倒式レバーに交換してみよう、と感じた次第であります。



BUELL XBに国産車スイッチボックスの流用#6;続・スロットルワイヤーの加工

20170519_1XBスロットルワイヤー制作

前回制作した片側だけ完成したスロットワイヤーを車体に取り付けました。これからスロットルワイヤーの反対側の制作を行います。アウターワイヤーの全長でスロットルワイヤーの全長が決まりますが、これから行うインナーワイヤーの作業でスロットルワイヤーの操作性が決まります。

スロットルケーブルの全長は取り回し次第である程度調整できますが、インナーワイヤーの調整は後々ほとんど余地がないので、慎重に作業を進めなければいけません。


20170519_2XBスロットルワイヤー制作

ちょっと前に買ってきた6mmの丸棒を切り出したものに、ワイヤーを通すための1.6mmの穴を開けます。


20170519_3XBスロットルワイヤー制作

タイコができました。これにワイヤーを通してハンダで固定します。
穴の出口はすり鉢状にしておき、ワイヤーを通した後にワイヤーをバラして広げてからハンダで固定します。ワイヤーが抜けないようにする為の工夫です。


20170519_4XBスロットルワイヤー制作

スロットルボディにワイヤーをあてがい、タイコの位置を決定します。

この作業がとても重要!

ここの作業でワイヤーの遊びが決定します。遊びが多すぎると操作感が悪くなったり、スロットルを全開にできなくなったりします。逆に、張りすぎるとそもそもスロットルワイヤーを取り付けできなくなったりします。
SRのスロットルケーブルはスロットルボディ側もナットで位置を調整できるのである程度適当でもどうにかなりますが、BUELL純正のように差し込み式のケーブルだと長さ調整は更にシビアになります。


20170519_5XBスロットルワイヤー制作

フラックスを塗って、ハンダづけ。
私はハンダづけが超苦手。なかなかする機会のない作業なので一向に上手くなりません。


20170519_6XBスロットルワイヤー制作

できました。超汚らしいですが、ちゃんと固定できているので我慢です。


20170519_7XBスロットルワイヤー制作

そのままではいくら見えない部分とはあんまりなので、サンダーで整形。


20170519_8XBスロットルワイヤー制作

綺麗になりました。まるで既製品のような見た目に大変身です?


20170519_9XBスロットルワイヤー制作

お次はスロットルボディの、スロットルワイヤーを固定するブラケットの加工を行います。
純正はこのような形状をしており、スロットルワイヤーは長穴に差し込むことで固定します。このままではナットで固定するSRのスロットルワイヤーが使用できません。


20170519_10XBスロットルワイヤー制作

ボール盤で差し込み部品を取り除き、更に穴自体も1mm程拡大させます。


20170519_11XBスロットルワイヤー制作

加工後。
このようにSRのスロットルワイヤーを固定できるようになりました。


20170519_12XBスロットルワイヤー制作

加工したブラケットをスロットルボディに取り付け、スロットルケーブル・スロットルホルダーを取り付けて動作確認を行います。車体に装着した後でも当然調整は効くのですが、なんせ狭くてやりにくいのです。かといってスロットルボディを取り外すのもかなり面倒くさいので、今回は予備で持っていたスロットルボディを使っています。こういう時、予備部品があると大変助かります。


20170519_13XBスロットルワイヤー制作

完成。
上側が引き側のスロットルワイヤー、下側が戻り側のスロットルワイヤー。バタフライ式のスロットルボディなので戻り側はいらないような気もしますが、純正はほぼ確実に装着されているものなので今回はきちんと制作しました。
遊びの調整はいろいろ試しましたが、引き側はほぼ遊び無しに、戻り側は結構遊びを設けた方が、操作性が良さそうです。


プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。

XB9Rホイールベアリング交換
BUELL XB9Rホイールベアリング交換

XB9R強化ドライブベルト化
BUELL XB9R強化ドライブベルト化
楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 08