黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

ボール盤用のバイスを購入したけど・・・

どうも皆さんこんばんは。
季節外れなんですが、インフルエンザに掛かってしまい完全にダウンしておりました。インフルエンザと言えば冬のイメージが強いですが、今の時期でも局所的に感染が流行するケースがあるようですね。


20170418_1.jpg

そんなダウン中でも、ワクワクする荷物は届きます。
なにもせずにずーっと寝ているだけっていうのはとても暇なので、ついついネットショッピングが捗ってしまいます(もちろん超しんどいけど)。寝ころびながら買い物ができるんだから、スマホって本当便利ですよねー。


20170418_2ボール盤バイス

中身は、ボール盤用のバイス!
いくら高熱でしんどくても、お愉しみの為ならベッドから起き上れるものですね。


20170418_3ボール盤バイス

私は以前からアストロプロダクツで購入したボール盤を使用しております。安物で、精度も値段相応にイマイチなのですが、それでもあるとないとでは大違いで、大変使用頻度の高い機械です。そんなアストロプロダクツのボール盤ですが、こいつは標準では材料を固定するバイスが付属していません。無くても無いなりに今までなんとかなってきたのですが、最近特に小物に穴を開ける時に不便さを感じるようになってきたのです。


20170418_4ボール盤バイス

そこで、今回ついにボール盤用バイスをゲットしたのです。
イメージ的にはこんな感じに設置しておくのかな?


20170418_5ボール盤バイス

試しに、このベアリングの横っぱらに穴を開けてみようっと・・・って思った時、初めて気が付きました。


20170418_6ボール盤バイス

あ、ボール盤用バイスって、穴を開ける対象に応じて設置場所をその都度調整しないといけないんだ・・・(メンドクサイ)。
考えればすぐ分かる話なんですが、私はてっきりボール盤バイスというものは、常にステージ上の同じ位置に固定されているものだと勝手に思い込んでいたのです。もちろん、そんな訳ありませんよね。


20170418_7ボール盤バイス

どういうことかというと、先程のベアリングに穴を開けようとした場合、バイスはこの位置に固定しなければなりません。この場合、バイスをステージに固定するボルトは2本だけしか使えませんね。


20170418_8ボール盤バイス

なんか見てくれ悪いので、90度ずらじてみたら?
あぁ!!固定するボルト穴のピッチが微妙に違う!!
こんなこと、全く想像せずに”バイスなんてそうそう違いなんてないでしょ?”と思い込んで注文しちゃったせいですね。完全にチョイスミスです・・・。


20170418_9ボール盤バイス

とはいえ、元々ドリルのセンターがズレているので、例えボルトのピッチが合っていてもバッチリセンターは合わないんですけどね。
加工物に応じてその都度バイスの取り付け位置を調整するというのは少々メンドクサイ気がしますが、これで今までよりも安全に、そして正確な作業ができるようになるハズ!

久しぶりの工具ネタ。京都機械やらなんやら

すっかり春になりバイクシーズン真っ盛り。

週末に日用品から食料品を買いに出かけると、至るところでツーリングの集団に遭遇します。

うーん、とっても楽しそう。

私はというと、いろいろありましてあまりバイクの改造が進んでおりません。

たまーに近場のクネクネ道を楽しむ程度に乗ってはおりますが、やっぱりもっとバイクに時間を使いたいですね。


さて、本日は久しぶりの工具ネタ。しかもコレクション(?)用です。

20150413①

かなり前なのですが、中古で購入した工具達。

結構年代もののようで、もちろん実用目的ではありません。

何の役にもたたない(笑)コレクション目的です。


20150413②

その中に混じっていた京都機械社とKTCのスパナ。

日本の工具といえば、KTCがとっても有名ですが、京都機械社はそのKTCの創業者達が在社していた会社だそうで、当時は工具部門があり、写真上2本のような○に「京」文字入りの工具を作っていたようです。

一方、良く見ると「工」の文字になっている二重丸の中に「京」の文字が入っている写真下のスパナは創業初期(と思われる)KTCのもの。

この2社の工具を並べて見ると、KTCと京都機械社とが関係あることかがわかりますね。


20150413③

さて、こちらはダイハツの旧ロゴの入ったスパナ。

昔の車載工具かな?それともメーカー支給の工具かな?

このダイハツ以外にも、同じような年代と思われるトヨタ、日産、スバルのロゴ入りの工具が沢山混じっておりました。

そして何故かヤマハも!!

多分、工具にロゴを入れる方が、入れないよりも製造するのに手間はかかっているでしょうから、コスト意識の強い最近のバイクにこんなロゴ入りの工具をおまけするのは少々難しいかもしれませんね。

そいえばBUELLでもメーカー名入りの工具セットがあることにはあるようですが、高すぎて手がでません・・・。


20150413④

購入したものの中には、スパナ先端をグラインダーで削って薄く改造しているものもあったり・・・


20150413⑤

シックネスゲージがくっついているものがあったり・・・

古いもの、中古モノならではの発見がいろいろありました。

実用面ではとても使おうとは思いませんが、なかなか見ていて飽きないものです。

もう少ししたら作業する時間も確保できるので、お洒落にディスプレイしたいなー、と計画しております。


グラインダー、ポリッシュ・切断・研磨

年始から放置していたトップブリッジをいいかげん取り付けようと思いたったGW。
久しぶりにごそごそと探してみると、傷まみれになっていたので再研磨。

20140505④

グラインダーでギュイーンと5分で終了。
こういう機械が使えないと耐水ペーパーで仕上げていくわけですが、その膨大な手間を省略できるのはありがたいものです。
グラインダーといえばかなりの作動音がする機械なのでご近所様のことを考えるとなかなか使用に踏み切れないのも事実。私は極力作動音を下げる為にも、回転数を変更できるタイプや、出力の低いモデルを使用するようにしております。
研磨目的であれば、高い出力は必要ないですからね。

20140505⑤

ポリッシュに使用するディスクは写真の3種類。
左のFCディスクは下地作り用。スポンジを固めたような研磨用ディスクで、曲面にもフィットします。
どの程度の番手に相当するかは分かりませんが、見た目の割に結構ごりごり削ってくれます。
真ん中はサイザル、右側は仕上げ用のフェルトになります。
この3種類のディスクで、大抵のものは鏡面にまで加工することができます。
元の状態が悪い場合は、これに加えて粗目のFCディスクを使用します。


話は変わって、こちらはS系の純正リアフェンダー。

20140505①

ナンバープレートのステーがあまりにも野暮ったく、せっかくのS系のショートなリア周りを台無しにしてくれています。
この部分をちょんぎって、本来あるべき姿に戻してあげます。

20140505②

切断砥石で、とりあえず切断。
結構しっかりとした造りで、少し難儀します・・・

20140505③

切断後は、#40番のディスクで研磨。
ナンバーステーをぶった切ったので、ナンバーをどのように装着するのか少々悩むところです。
見た目はサイドマウントが一番なのですが・・


20140505⑥

写真は私が使用しているディスクグラインダー。
両方とも高級機ではありませんが、一応回転数を変えられるタイプです。

左の方はホームセンターで5000円弱で購入。
モーターに負荷がかかったら自動的に回転数を落としてくれる賢いやつです。少々重く、スイッチがお尻についていて操作性も良好ではありませんが、お値段の割に使い勝手がよく気に入っております。
我が家では主に切断作業で活躍中。

20140505⑦

もう一台の方はボッシュ製で、主に研磨作業で活躍中。
前者のように負荷がかかっても止まってくれないし、そもそもものすごく熱を持ちやすく、負荷を与えてしまったらあっというまに本体は熱々になってしまう困ったちゃん。
でもスイッチが操作しやすい位置にあったり、コンパクトなボディであったり、軽作業には大変便利なやつです。

インチ工具

工具買い足しました。

20120227①

私は裕福ではないので、すべての作業をお店に任せることはできません。
しかしながら、自分で作業するにしても工具は必要なわけで・・・
今までミリ工具しか持っていなかったので、かめ3号を整備する為に急遽インチ工具を揃えました。
おかげで、かなりの財政難です。

20120227②

プロではないので、使用頻度の少ない工具はなるべく安いもので済ましたいところです。
ヘックスレンチは毎度おなじみシグネットで。
がっつり力掛けて使うところはヘックスソケットを使うので、ここはお安く済まします。

20120227③

コンビネーションレンチはアストロプロダクツのPB品。
レンチはそもそも使わないし、メガネもトルク掛けるときはソケット使うので、ここもお安く済まします。
でもこのPB品、とても安価なのに、綺麗なミラーフィニッシュなんですね。
工具に拘る人にはこういう安価なPB品は避けられがちですが、果たしてプライベーター程度の使用頻度に十分な品質があるのでしょうか?
今後使って見て確認したいと思います。

20120227④

各種ソケットは奮発してコーケン製をチョイス。
使用頻度も高く、またかなりの力を掛けて使うことも多いですし。
コーケンのヘックスって黒染めでインパクト用みたいな井出達なのですね。

20120227⑤

あと、ストレートでトルクスのソケットなんかも買いました。
BUELLって、トルクスのボルトをやたらと使用してるんです・・・


さて、これでようやく本格的に作業ができます!
まずはローダウンとサス調節からです!!


定額給付金パワー!!~KTC次世代ツールボックス~

KTC次世代工具箱①

何やら、おっきな荷物が届きました。
って、自分で注文したんだから届いて当たり前なんですが。

大きいです、重いです。

KTC次世代工具箱②

じゃ~ん!!
KTCの次世代工具箱、EKR-103の限定色verです。

この度、せっかく定額給付金を頂いたもんですから、その趣旨通り速攻で消費させて頂きました。
定価は\35500もするんですが、なんとか定額給付金の金額以内でgetです。
ばら撒き政策の是非は別として、やはりうれしいものです。


KTC次世代工具箱③

あぁ・・・工具を入れるのがもったいない・・・


プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。

XB9Rホイールベアリング交換
BUELL XB9Rホイールベアリング交換

XB9R強化ドライブベルト化
BUELL XB9R強化ドライブベルト化
楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06