黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

3rd NEW ORDER CHOPPER SHOW

来週の土日である8月2,3日に神戸市のポートアイランドにある国際展示場で3rd NEW ORDER CHOPPER SHOWがあります。

イベントHPはこれ→http://www.neworderchoppershow.com/

神戸にバイクがたっくさん集まるのはうれしいことです。
ちなみにバイキチとダビキチの撮影会もあるそうです。

暑いから多分並ばないだろうけど。

二日とも仲間と行く予定なので、ご都合の合う方はいかがですか?

今度はピストンも磨いてみました!

そう、これは解体したドラッグスターから取り出したピストン。

46ピストン

バルブと同様、ポリッシュしました。
なぜって?そう、それはそこにピストンがあるから・・・

つまりはただの興味本位です。


48ピストン

50ピストンピン

51ピストンリング

49ピストン

実際、ドラッグスターのピストンなんて見る機会、ほとんどないと思いますのでじっくり見てやって下さい(笑)

バルブ磨いてみました

せっかくバルブを取り外したんですから、鏡面加工します。
チューニングの世界では意味のあることのようですが、今回に限っては深い意味はありません。
ただの好奇心です。そう、そこにバルブがあるから磨くのです・・・

42バルブ1

バルブをドリルに取り付けます。
これで手で磨くより遥かに楽になるはず!


43バルブ2

あっという間に磨きました。

・・・・・だったらいいのですが。
やっぱり思ったよりも時間がかかります。


44バルブ3

耐水180番→400番→800番→1000番→1500番→2000番→ピカール
という工程です(貧乏ポリッシュ)。
ちなみに作業時間は一本辺り2時間。
5バルブの4発マルチとか乗っている人は大変だろうなぁ・・。


45バルブ4

もちろん、可動部分とバルブシールとの接点は研磨しませんよ。

残りあと3本!!
こ、好奇心が負けそうだ!!

DS400解体⑥~ヘッドを更に分解~

23.jpg

取り外したシリンダーヘッドを持って帰ってきました。
アルミでできてるんだから軽いだろうと思ってたら、思いのほか重くてビックリです。

さて、こちらは1番シリンダーのヘッドです。
ドラッグスターは後が一番、前が2番ですよ。


27.jpg

カムスプロケット。
ここのセンターナットは17mmのレンチで。
これが、結構硬い・・・


29.jpg

ロッカーアームカバー。
ここは普段?でもタペット調整する時に開ける部分ですね。


31.jpg

ロッカーアームのシャフトを抜く為にこのボルトを抜きます。
サイズは14mm。


33.jpg

サービスマニュアルによるとシャフトを抜くためには特殊工具が必要らしいのですが、そんなもの持ってませんし、まず今後使うことはなさそうだから買いたくない・・・
試しにM8のボルトを突っ込んでみると、おや?なんかねじ穴が一緒だぞ?


34.jpg

すんなり抜けました。ラッキー!
特殊工具、いるのでしょうか?


35.jpg

ロッカーアームシャフトを抜くとポロッとロッカーアームが抜けます。


37.jpg

同じ要領で、カムも抜けちゃいます。
これも本当は特殊工具がいるらしいのですが・・・。

カムには1と2の文字があります。
前後シリンダーで形状が違うんでしょうね。


38.jpg

最後にバルブを取り外し。
バルブスプリングコンプレッサーが必要なんですが、自作のアタッチメントとクランプで代用可能。
少々使い辛いですが、お金がないので仕方がありません。


41.jpg

取り外したバルブ。
カーボンが付いてます。
これが普通なのかどうなのかは初めてなのでわかりません!


32.jpg

錆まくっているスタッドボルトをダブルナットで除去してやれば、シリンダーヘッドの分解は完了です。

腐ってるように錆びまくりのスダッドボルトはダブルナットで除去しましょう。

DS400解体⑤~腰上分解の巻~

21.jpg

腰上バラしました。
シリンダーヘッド、シリンダーはスタッドボルト4本だけで固定されていると思ってましたが、このスタッドボルト以外にもシリンダーヘッドはプラグホールの横のスダッドボルト、シリンダーはヘキサゴンボルト2本がそれぞれ存在します。

ひどい固着もなく、プラハンでコンコンしてたら案外簡単に外すことができました。


22.jpg

コンロッドが見えます。
今回はクランクケースも割るのでカムチェーンを落としましたが、腰上オーバーホールであればこのようにカムチェーンがクランクに落ちないように針金かなんかで固定すると良さそうです。

シリンダーを抜く過程で一番苦労したのはカムチェーンスプロケットを固定するボルトを外すことでしょうか。
クランクが回らないように14mmのレンチでクランクを固定、17mmのソケットでカムチェーンスプロケットを外します。
これがなかなか体勢的に辛い・・・。
何か工夫をするとよいのでしょうが、そうでないなら2人がかりだと楽で良いですよ。

あと、サンダルで作業してはいけません(笑)

プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。

XB9Rホイールベアリング交換
BUELL XB9Rホイールベアリング交換

XB9R強化ドライブベルト化
BUELL XB9R強化ドライブベルト化
楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07