黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

リジットバッグ製作(その①)

レザー2

型紙を起こして、材料を裁断します。
革包丁という専用の刃物で切り出します。
・・・・けど、無い人はカッターナイフでも代用できます。
丸みのある箇所は紙やすりで整えます。
もちろん、毛羽立ちますがこの段階では気にしなくてもおっけーです。


レザー3

切り出したパーツの端をへりおとしという道具で丸く整形します。
これをするのとしないでは完成度がぐんと違いますので是非しましょう。


レザー4

で、ステッチンググルーバーという道具で溝を切ります。
この溝に縫い目が治まるわけですね。
縫い糸を埋め込むことで擦れに強いバッグに仕上がります。


レザー5

で、加工が終わったら床(革の裏面)とコバ(革の断面)にトコノールというケミカルを塗りたくり、ガラス板などでこすります。
これで革の毛羽立ちを押さえます。これをするとしn(以下略)


レザー6

縫うための穴を菱目打ちで開けます。
レザークラフトでは普通の裁縫と違い、針で貫通させることができないのでこうやって穴を開けないと縫えないんです。
だからレザー用の針の先端は丸っこくなってます。

これでパーツの下準備は完了です。


床革買いました。

P1030539.jpg

レザーを買い足しました。
黒色の床革を141デシです。

牛さんの皮はもともと10mm程あるんですが、財布なりカバンを作るにはそんな分厚い革はつかいませんよね?
そこでその革を目的の厚さにすいて使用するのですが、そのすいた不必要な部分が床革です。
本来は製品に使われない、品質の悪い部分です。

でもこのやれやれ感は財布等のレザー製品には向いてなくても、サドルバッグには面白そうです。
既製品はどうもテカテカして好きじゃないし、何よりも黒色の製品は経年劣化のヤレヤレ感を楽しめませんしね。

今回はこの床革を使用してリジットバッグを作ります。
ヤレヤレ感を活かしてワイルドに仕上げよう!!
プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。

XB9Rホイールベアリング交換
BUELL XB9Rホイールベアリング交換

XB9R強化ドライブベルト化
BUELL XB9R強化ドライブベルト化
楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11