黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

シートスポンジとレザー調達

本来ならとっくにシートベースが完成していたはずなのですが、なかなか作業できなくてまだ完成しておりません。

でもここ最近寒さが少し和らいだ日が多かったので、バイクには沢山乗ることができました。

20150222①

バイクに乗るのは大変楽しいのですが、バイクに乗るとどうしても作業が進みません。

もっと時間が欲しいのですが、働かないとバイク遊びすることもできないのでこればっかりは仕方がありませんね。


さて、シートベース製作は進んでいないものの、バイクに乗ってシート製作に必要な材料を調達してきました。

20150222②

それがコレ。

合皮は好みではないので、どうしても表皮には本革を使いたいのです。

雨の日は乗れないけど、経年による色調の変化がとても楽しみな素材。


20150222③

今回チョイスしたのはゴートスキン。

牛と比べると少しマイナーな素材ですが、薄くしても強度がある丈夫なレザーのようです。

最近は何でもインターネットで注文できる便利な世の中ですが、レザーは種類が多い上に個体差もあるので実際に目で見て触って選ぶのが一番。

神戸周辺では三宮のユザワヤと東急ハンズでレザーを気軽に買えますが、最近姫路にあるホームセンターでもかなり品揃えが良いのを発見し、ウキウキとはしごしてレザーを選らんでおります。

選ぶ時間も楽しみの一つですねー。



さて、一方こちらはレザーに包まれるスポンジ。

20150222④

こちらはなかなか売っていないので、インターネットで注文。

これね↓






ウレタンスポンジってなかなか売っていないので、実際に硬さを確認して選ぶことができないのが難しいところ。

ネット注文じゃ実際に触って選べませんが、他にもいろいろ種類があって、必要な量を計り売りしてくれるのは助かりますねー(回しものではないので、お好きなお店で購入してくださいね)。


沢山種類があるのは良いのですが、どれがいいのか悩んでしまう・・・。

カスタムショップさんがシート製作する様子をブログなんかにアップされているのを見ると、シートスポンジに使うのは「ウレタンチップフォーム」とか「ウレタンチップスポンジ」とか呼ばれるもののようです。

ほら、グレーっぽいスポンジにモザイクみたいな柄のスポンジ。

普通のシートならそういったものを購入するのが無難なのでしょうが、今回製作するシートは極薄のシートなので、スポンジも固めのものでないといけません。

20150222⑤

で、購入したスポンジを指で思いっきり力を加えた感じ。コレくらい凹みます。

・・・・もう少し硬いほうがよさそう。失敗しちゃったか!?


20150222⑥

この黒いやつがもともと付いていたやつで、かなり固めのスポンジ。

これと比べると今回購入した白いやつは明らかに柔らかいです。

一度シートカウルに乗っけてみて、様子を見てみる必要がありそう。



おまけ。

20150222⑦

こんなおまけがついてきました。

「LOVE」という梱包材に興味はないのですが(笑)、このものすごく美しい切断面は興味深々!

シート製作でスポンジの整形は難しくて悩ましい工程ですが、これくらい綺麗に整形できたらすごいぞ!!

どうやって切断しているんでしょうね?


FRPでビューエル用シートベースの製作・あと少し?

20150215①

ガッチガチに固まってくれました。

今度は厚みもたっぷりあって、良い感じです。


20150215②

余っているガラスクロスをハサミでカット。

そして、シートカウルに乗っけてみてフィッティングを確認します。

シートカウルを型にしているのでぴったり合うのは当たり前なのですが、やっぱり各部のカーブがぴったり合うと気持ちのよいもので、そしてほっとします。


20150215③

ここからシートの形状を考えていきます。

まずは、「絶対これ以上大きいのはありえない」ラインをマジックでマーキング。

とりあえずこのラインでカットして、徐々に小さくしていきたいと思います。


20150215④

ご近所の皆様に配慮して、手ノコでカットしていきます。

FRPはディスクグラインダーでなくても簡単にカットできるので大変楽です。


・・・・一方、シートカウル加工中のビューエル君。

20150215⑤

シートカウルの替りに初めて純正のS系シートを装着してみました。

横から見るとそこそこスタイリッシュ?なのですが、これが案外幅広で上からみるとものすごくボテッとしています。

が、

跨ってみると大変快適。

お尻が痛くならない!加速の時でもしっかり体をホールドできる!


20150215⑥

うーん・・・

これが普通なのに感心してしまう自分が悲しい・・・

けど、それでもやっぱりシートカウルを使います!

自分が好きな形状はなかなか諦められないものでしょ?



FRPでビューエル用シートベースの製作・続続

週末は前回に引き続き、FRPでシートベースを製作します。

20150207①

さて、剥離剤をケチるために今回は養生テープとガムテープの上にポリエステル樹脂を貼り付けましたが、その効果ははたして・・・・

とドキドキしていたのですが、結果は拍子抜けするほどあっけなく型から剥がれてくれました。

樹脂もしっかり固まってくれており、よい感じです。


20150207③

積層直後からガムテープに樹脂が染み込んでしまい、これは大丈夫かな~?と少し不安に思っておりましたが、うまくいってくれてよかったです。

しかしガムテープは樹脂が染み込んで、なんだかワックス紙のようになってしまっております。

もしかしたら剥離効果はガムテープではなく、その下の養生テープのお陰かもしれませんね。


20150207②

ガラスクロス5枚を積層したシートベースはがっちがっちではなく多少柔軟性がある程度の強度に仕上がりました。

どうせシートカウルに密着させて使用する部分なので、そんなに厚みと強度が必要とは思いませんが・・・


20150207④

ガッチガチの方が好みなので、もう少し厚みを増やしてみることにしました。


20150207⑤

再び、硬化するまで放置させます。

硬化待ちを利用して、スポンジとして使用するウレタンチップと、表皮のレザーの調達が必要ですね。


FRPでビューエル用シートベースの製作・続

20150205①

古くなってガチガチに固まったポリエステル樹脂に替わる新しい樹脂が届きました。

樹脂1kgに硬化剤とガラスクロスがついて1000円位。ネット販売は安くて助かります。


20150205②

あまりに安いのに気を良くして、こんな道具も買ってみました。

脱泡ローラーなるものらしいです。積層したガラスクロスから気泡を抜く為の道具のようです。

ふと思い返すと、確かに気泡ができてしまったときにヘラのようなもので気泡を抜こうとするとせっかく積層したガラスクロスがズレてしまったり、ガラスマットの繊維がバラけてイライラしたことあった覚えがあります。

使用後の洗浄がめんどくさそうな気がしますが、果たしてこの道具の使い心地はどうなのでしょうか?


20150205③

早速樹脂と硬化剤をまぜまぜ。

本当に固まるのか不安で、毎回硬化剤を多めに入れてしまいそうになりますが、そんな気持ちをグッと堪えてきちんと指定の分量を添加します。


20150205④

積層完了。作業中はなかなか写真を撮ることができません。

今回は単純な形状なのでガラスクロスを使用しました。

ガラスクロスは複雑な形状には使いにくいのが難点ですが、ガラスマットのように繊維が飛び散らないのが嬉しいですね。

そして、思いの他きれいに積層できたのでせっかく購入したローラー君の出番はありませんでした。評価は次の機会に持ち越しですね。

あとはガムテープの下地にくっつかないことと、しっかり固まってくれることを祈るだけです。


20150205⑤

積層して30分後の様子。

あぁ!!ガムテープの下地に樹脂が浸透しているじゃないか!!

シートカウルにまで達してなければよいのですが・・・・

どちらにしても樹脂が固まるまではどーにもできないので、ドキドキしつつ硬化待ち!



FRPでビューエル用シートベースの製作

ガレージ製作もひと段落(?)ついたので、今年はたくさん溜まりまくっているバイクの作業を進めるぞー!と正月には思っていたものの、あっという間に1月が終わってしまいました。
時間が立つのがあまりに早すぎます。

こ、こんなペースではいつまでたってもバイクは完成しない・・・

20150201①

ということで、今回はこのシートカウルを入手した時からずっとやりたかった、シートの張替えをします。

今ついているのはシートというかホームセンターに売っているようなただのスポンジシートで、これはこれでスパルタンな雰囲気抜群なんですが、見た目はちょっと、ね、という印象です。

ビューエル君を数年乗って分かったことは、このバイクはシートの極力前に座った方が曲がりやすくて楽しい!ということ。イメージとしてはフロントタイヤの真上に乗る感じでしょうか?

しかし今の「ただのスポンジシート」はシートカウルの後寄りに装着されているので、そのような乗り方にはあまり向いていなさそうです。

今回はせっかく自作するので、そこらへんも改善したいと思います。


20150201②

まずはスポンジを取り外すのですが、これは両面テープでくっつけられているだけでした。

ポジションの変更だけなら、剥がしてまたくっつけるだけでできそうですね。


20150201③

シートを作成する為にはまずシートベースが必要になるのですが、今回はFRPで製作します。
FRPで製作するには「型」が必要となるのですが、型にはこのシートカウルをそのまま使用します。

ポリエステル樹脂がせっかくのカーボン製(!)のシートカウルに付着するととっても悲しいので、まずは養生テープを張りまくり。


20150201④

そしてその上からガムテープをまたまたびっしり張ります。

ガムテープの表面ってスベスベしているじゃないですか?このスベスベのお陰かは知りませんが、ポリエステル樹脂があんまりくっつかなかった経験があるので、剥離剤代わりに使用します。

剥離剤としては超格安というメリットがあるのですが、デメリットとして全然効果なくてFRPとびっちり一体化するかもれない、曲面には使えない(シワになる)等があります。

ちゃんと剥がれてくれるのか、実はあまり自信がありません(笑)


そして準備が整い、いざポリエステル樹脂を塗布しようとしたところ・・・・

20150201⑤

あれ?でてこない・・・


20150201⑥

ガビーン!!固まってるじゃん!!

いやぁ、硬化剤混ぜなくても、古くなった樹脂は勝手に固まってしまうのね・・・

ということがわかったところで、急いで新しい樹脂を手配しなくてはいけません。


当然、続きます!

プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。

XB9Rホイールベアリング交換
BUELL XB9Rホイールベアリング交換

XB9R強化ドライブベルト化
BUELL XB9R強化ドライブベルト化
楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728 02