黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

XBフロントブレーキ、ラジアルマスター検討中

20160725①

今現在、私のビューエルさんで一番手を付けたいのがココ、ハンドル周り。
いかにも汎用品を付けましたー、感が漂うスイッチボックスとマスターは見るに堪えません。
大型バイクなんて、趣味での所有が大半なんだから、最初からかっちょいい部品つけて下さいよ!


20160725②

そう言えば、使っていないラジポンがあったなー、と倉庫をゴソゴソすると・・・

出てきました!ニッシンのラジアルマスター!

こうして見ると、結構ゴツくて、そして決して機能美溢れるとは言い難い外観。
でもその分安く入手できて、ドラッグスターの時には大変お世話になったパ―ツです。


20160725③

ひっくり返してサイズを確認すると、3/4インチ・・・。
1インチ25.4mmなので、よく19mmとか言われるサイズ。

bell XBでよく使用されるのは、もう一つのサイズである11/16インチ (17mmとか言われるやつ) 。
そんな訳で、残念ながらこいつは使用することができません。


話は変わりますが、メーカーによるとラジアルマスターの17mmって、横型の14mmに相当するそう。
buell XBの純正マスターは横型1/2インチ (12.7mm) なので、ラジアル17mmでもマスター径は大きくなることになります。

ブレーキレバーに引きしろが確保できる範囲であれば、マスター径は小さい方がブレーキの効きが良いので、17mmのラジアルマスターへの交換は、ブレーキ自体の効きという点ではデチューンかもしれません。
(ブレーキレバーの長さとか、取り付け方とか、いろいろ要素はありますが)

でも17mmラジアル入れてる方は多いみたいだし、そんな違いは理屈上のもので、そんな差はない?

それよりも、ラジアル化によるコントロール性の方が遥かに大きなメリットです!とか?

うーん、気になる!試してみたい!

という訳で、現在11/16のラジアルマスター欲しい欲しい病にかかっております。


20160725④

いつでも衝動買いできるように、手持ちの3/4ラジアルマスターでフィッティングを確認中・・・


20160725⑤

ニッシンのラジアルマスターは純正マスターと違ってバンジョー取り付け部がマスターの下側に位置するので、ブレーキラインがスロットルケーブルと干渉しそうです。

ここは、90°のフィッティングか、もっと遠くまでブレーキラインをを離すような工夫が必要そう。


20160725⑥
20160725⑦

フィッティングを変更するとなると、フィッティングが取り外しできない純正のブレーキラインも使用することができません。

うわー、嫌だなーと思いつつ、一応長さの確認。

Scg用のフロントフォークを使用している為か、純正のブレーキラインでも結構余裕があります。
フィッティングを除いて、600mmあれば十分足りそう。


20160725⑧

ブレーキキャリパー側のバンジョーは当然変更する必要はないのですが、純正のブレーキラインは使用できないのでこちらも準備する必要があります。
純正同様、45°タイプを用意すれば良さそう。


という訳で、ラジアルマスター化にはマスター本体の他に、ブレーキライン・フィッティングを揃える必要がありそうです。
総額2.5万円程でしょうか?

マスターの交換自体には興味津々なのですが、ハンドル周りの質感上げたいなー、という当初の目的からは少しズレてきただけに、少々悩み中です・・・。

夏です。バイク乗っておりません・・・

20160718①

夏ですねー。

熱い (バイクの場合、暑いじゃなくて熱い)ですねー。


20160718②

少し前までは年中バイクのことしか考えてなかったのに、歳を重ねる毎にバイク以外にことに生活が圧迫されていきます。

そりゃ、バイク用に作ったガレージもプール置き場になっちゃいますって(笑)

バイク離れが~とかよく聞きますけど、単に皆さん、そんな余裕ないだけじゃないの?っていつも思う訳です。

いや、根拠はないんですけどね。

でも、家庭持っている人にとったら、バイクって完全に趣味の領域じゃないですか?

そのようなものに大金と、更に膨大な時間を費やせるのは並大抵なことではありません。


でもね、決してバイクに乗ることを諦めた訳じゃないぞー!


20160718③

まずは、プールとバイクが両立できるように、プールにはガレージの天井付近にお引越しして頂きましたよ。

その他、ガレージもちょくちょく改造中・・・。


20160718④

20160718⑤

そして、バイクの方も乗れない時間とお小遣いを駆使して、保守部品と予備部品をコツコツ収集中!

これらの詳細はまた後程記事にしますね。

今年は前々から気になっていたハンドルバー回り、フロント周りに手を付けていこうと計画中!

でも、今年はもう7月だ!なんてこった!!


エンジンパーツの保管方法

20160708①

お勉強用エンジンで遊ぶのはとっても楽しいのですが、分解する程に作業台の上は取り外した部品達でエライことになってしまいます。

そこで取り外した部品達をどっかに片付ける必要があるのですが、多分、というか間違いなくデリケートな部品だと思うのでどうやって保管しようか少々悩みます。

そう言えば、昔ヤマハで鉄製の純正部品を注文したら、錆防止の油紙みたいなのが部品と一緒に封入されておったことを思い出しました。


20160708②

そんな訳で、とりあえずカムギアが錆びないようにオイルを塗りたくります。

こういう時、安価なレブテックが大活躍。


20160708③

続けて登場したのはみなさまお馴染み、サランラップ。


20160708④

サランラップで、レブテック漬けにしたカムギアを包み込んでやりました。

最初は小さなポリ袋に入れてやろうかと思っていたのですが、ポリ袋だとどうしても空気も一緒に封入しちゃうので、多分こっちの方がより錆びにくいハズ。

ラップって、フォークシールを入れる時とか、マスターシリンダーのカップを組み立てる時とか、意外とガレージで使用することがあるので、私のガレージには常にラップが置いてあります(笑)


20160708⑤

この後、周りに緩衝材を巻いてから「buell XB9Rカム」と書いたタッパーに放り込んで終了。

ラップを使うなんて、我ながら天才的な閃きだ!と自画自賛しながらヤフオクを徘徊していたら、全く同じようなことをしている業者さんを発見。
(ミッションギア一式をラップで包んでおりました)

そりゃ、誰だってこんなこと考え付くよねー?と考え直しつつも、同じことをしている人がいるってことは、多分そんなにダメダメな保管方法じゃないと信じたいところです。

ラップが溶けた~とか、もし何か問題があればご報告しますので、是非お楽しみに・・・?


プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。

XB9Rホイールベアリング交換
BUELL XB9Rホイールベアリング交換

XB9R強化ドライブベルト化
BUELL XB9R強化ドライブベルト化
楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07