黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

Buell M2 リアアイソレーターとスイングアーム

Buell M2のスイングアームやピボットシャフト一式が届きました。

20170620_1BuellM2リアアイソレーター

完全バラバラ状態の私のBuell M2ですが、今の状態は動かし辛くてとても不便。そこで、どんな形でもよいのでとりあえず押し引き動かせる状態まで組み上げることにしました。
そんなことの為に新品のアイソレーター買うのも勿体ないぁ、と思っていたら、ちょうどヤフオクでこのセットを安く入手することができたのです。

この頃のBuellは'99年モデルからスイングアームの素材がアルミに変更されたそうで、それ以前のこのスチール製のスイングアームはほとんど売値が付かないような状態で取引されているようです。


20170620_2BuellM2リアアイソレーター

Buell M2を購入する前から不思議に思っていろいろ調べていたピボットシャフト付近の構造。フロントアイソレーター周りの構造はBuell XB系とそう大差はありませんが、リアアイソレーター周りは大きく異なります。

まず、スイングアームをマウントしているのはエンジンのクランクケース後端に取り付けられるマウントブロック。この部品がスイングアームの外側にかぽっと嵌ります。XB系ではこのマウントブロックはクランクケースと一体化しましたが、XL系Buellでは取り外しできるのです。


20170620_3BuellM2リアアイソレーター

ピボットシャフトはここで固定されます。
が、この固定する為のボルトがすごーく固くてまだ外せません。でもそれだけ固いのに、不思議なことにピボットシャフトは簡単に抜き差しできるのです。本当に、しっかり固定できるんだよね!?


20170620_4BuellM2リアアイソレーター

で、その外側にアイソレーターがちょこんとつくわけ。アイソレーターって予想していたよりも大きいんですね・・・。


20170620_5BuellM5リアアイソレーター

固定は1/2の大きなヘキサゴンで締め付けるだけ。


20170620_6BuellM2リアアイソレーター

そして、このエンジン・スイングアームの組み合わせユニットと、フレームとの接合点がこのアイソレーターのでっぱり部分となります。この10mm程のでっぱり部分との引っかかりのみで、フレーム重量とライダーの重量に耐えるのです。

変わった構造だなぁ。

と、呑気に感じている場合ではなくて、このアイソレータ―部分はフレームに挟み込んでいるだけなので、脱着は非常にメンドクサイだとか、ベルト交換でいちいち脱着が必要だとか、アイソレーター自体もやっぱり耐久性がイマイチとか、やっぱりいろいろ問題があるようです。

進化形のXB系ではご存知の通りまったく違う構造のアイソレーターに変わったことからも、やっぱりこの設計は問題があったのでしょうか?XB系のリアアイソレーターは、ブラケットが割れた、位しかトラブルは聞いたことがないので随分と進化したみたいですね。


プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。

XB9Rホイールベアリング交換
BUELL XB9Rホイールベアリング交換

XB9R強化ドライブベルト化
BUELL XB9R強化ドライブベルト化
楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06