FC2ブログ

黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

XB9R スイッチボックス交換

20171202_1XB9Rスイッチボックス交換

前々から気になっていたプラスチック感丸出しで超趣味じゃないスイッチボックス。

スロットルホルダーを社外のAMAL364タイプスロットルホルダーに交換するついでに、この純正スイッチボックスも別の物に交換して質感をアップさせてやることにしましょう。

とはいうものの、スイッチボックスという部品は社外品ではそうそう種類があるものではありません。
元々が機能的な部品なので、ここを改造する場合は簡略化したりすることが大半なのでしょう。小型のものはたくさんありますが、機能を維持したまま、というものはほとんど見かけません。

今回は使いやすさもそのままに質感のアップを狙いたいので、他メーカーの純正部品を流用します。
流用するのはレトロチックな見た目が私好みな、YAMAHA SRのスイッチボックスです。


20171202_2XB9Rスイッチボックス交換

まずは純正のスイッチボックスを分解して、各種配線の色と、スイッチの構造をチェック。

配線の色だけならサービスマニュアルの配線図で分かるのですが、それがどう繋がっていて、スイッチを操作すると電気的にどうなるかは実際に見てみないとわかりません。


20171202_3XB9Rスイッチボックス交換

へー、ここの構造ってこうなってなんだー・・・

とかブツブツ呟きながら、チェックしたことをマメにメモっていきます。正直、メンドクサイ作業ですね。


20171202_4XB9Rスイッチボックス交換

お次は、移植するSRのスイッチボックスを同様に分解、チェック。


20171202_5XB9Rスイッチボックス交換

SRの方はボディがアルミ製で見た目の質感が良いのですが、中身に関しても各部の造りがしっかりしていて、お金が掛かっているような印象を受けました。
こういうのも、分解して比較してみないとなかなかわかんないですよね。


20171202_6XB9Rスイッチボックス交換

XB9Rのスイッチボックスと、SRのスイッチボックスとではもちろんいろいろと仕組みに違いがあるんだけど、最大の違いはホーンボタンの仕組み。

XB9Rの方は単純な電気的なON-OFFなのですが、SRの方はホーンのマイナス側のアースでON/OFFを切り替えているのです。
つまり、XB9Rのハーネスにこのスイッチボックスをそのまま装着してホーンを鳴らそうとすると、アース回路にプラス電流を流すことになってしまうのです。
そんなことをしたら、当然ヒューズは飛んじゃいますので、このままでは使用できません。

こういう仕組みはスイッチボックスのボディが金属製だからこそできる構造ですね。
スイッチ自体にアース線が不要になるので、なるほど、スイッチ自体は小型化できるメリットがありそうです。


20171202_7XB9Rスイッチボックス交換

この仕組みのスイッチボックスを使用できるようにする為、ホーンのON/OFFをアース制御に変更。
フロントカウルをひっぺ剥がして配線を加工します。


20171202_8XB9Rスイッチボックス交換

配線のチェックが完了したので、SRのスイッチボックスをXB9R用に組み直し。

本来は右のスイッチボックスに組み込まれているセルモーターのスイッチなんかも、こちらのスイッチボックスに組み込み直します。
AMAL364タイプスロットルホルダーを使用すると右側スイッチボックスは無くなっちゃうので、必要なスイッチ類は全てこちらのスイッチボックスに統合することになるのです。


20171202_9NAMS配線カバー

配線カバーも純正以上のクオリティに仕上げる為、NAMZのワイヤーカバーを使用。

配線カバーは社外でいろいろありますが、この網網タイプは幅広い範囲の太さに対応できるので重宝しています。

今回は8本程度の配線をカバーするのに1/2サイズを使用しましたが、あと1~2本程度ならいけそうな感じ。


20171202_10NAMS配線カバー

綺麗にできました。

端部はちゃんとハーネステープで処理。以前はホームセンターで購入したビニールテープを使ったりもしていましたが、ビニールテープは後々ベタベタするので絶対に使わない方が良いです。

今回はポッシュのハーネステープを使ってみました。
表面に少し毛羽立ちのあるフェルト地タイプで、手で簡単に切れるという特徴があります。配線作業をしている時にわざわざハサミに持ち帰るのって地味にメンドクサイんですよね・・・。


20171202_11XB9Rスイッチボックス交換

完成!

もちろんコネクタ(カプラー)は純正同様AMPタイプのマルチロックコネクタなので、純正ハーネスにポン付けできるようにしました。

AMPタイプのターミナルはハーレー各車と共通なのでディーラーに行けば入手できますが、デイトナのAMPコネクター補修用ターミナルがお手軽に入手出来て便利。


20171202_12XB9Rスイッチボックス交換

車体に装着。

動作確認をしながら作業を進めていたので、もちろん動作はばっちり。

このバフ掛けした鈍い輝きは、アルミ製ならではの特徴ですね。


20171202_13XB9Rスイッチボックス交換

グリップもIKWORKSの製品に交換。

グリップとスイッチボックス共に質感はグッと良くなったのですが、こうなるとビレットの機能的なクラッチレバーが激しく浮いているのが気になりますね。
スポスタのクラッチケーブルが流用できるよう、クラッチレバーはホルダー毎マグラの製品に交換しようと計画中だし、ここはしばらく我慢しましょう。





スポンサーサイト



プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12