FC2ブログ

黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

ビューエルXB ホイールベアリングの取り外し

どうも皆さまこんばんは。

以前記事にした通り、長年欲しかったビューエル純正の黒色のホイールを入手したのは良いのですが、どうもホイールベアリングの動きが渋いのが気になる・・・。
という訳で、今後の快適なビューエルライフを満喫する為にも、ホイール交換の前にホイールベアリングを交換してやりましょう。


20161023①

という訳で、ビューエルXBモデルのホイールベアリング。
これはリアですが、フロントもまぁ同じ見た目。
他のバイクを触ったことがある人ならすぐ分かると思いますが、ビューエルのアクスル周りは少し特殊な作り。
そう、ホイールカラーやら専用のダストシールがないのです。
オレンジの部分はベアリングのグリス部分を守るシールなのですが、これはベアリングに元々ついているもので、つまり完全にベアリングが外部に露出しているのです。
私はこういう作りはあんまり見たことがないのですが、他のバイクでもあるのでしょうか?


20161023②

ベアリングを交換する前に、ベアリングの寸法を調べて交換部品と工具を手配しなければなりません。
こちらはリアのホイールベアリング。
内径が結構デカくて、30mmあります。
手持ちのベアリングプーラーじゃ対応できないので、新しく用意しないとダメだなぁ。


20161023③

こっちはフロントのホイールベアリング。
内径は25mmです。


20161023④

リアのベアリングを外す為に新調したベアリングプーラー。
安物の名もなき輸入工具ですが、それでも12,000円しました。
うぅ、高いよぉ。
なお、当然取扱説明書なんて洒落たものは入っていません。


20161023⑤

欲しかったのはこの30mmのアタッチメント。
探せばアタッチメントだけでも売ってるみたいだけど、手持ちのプーラーで使えるかどうかなんて分からないので、仕方がなくセットで購入。
30mm以上のアタッチメントが付属しているセットって意外と売ってないんですねー。


20161023⑥

開封するなりこんな感じでボルトが外れてたり、やたらとパリパリで硬いシュリンク等、まさに海外無名工具クオリティ。
でも、安いから大好き、海外無名工具。
チープだろうが、特殊工具に関しては有ると無いとでは作業効率が雲泥の差ですからねー。


20161023⑦

早速、リアホイールのベアリングに30mmのアタッチメントを取り付け。
内径30mm用ですが、アタッチメントの先端は広がっているので、プラハンでコンコンして押し込みます。


20161023⑧

コンコンしたら割とすんなり入ってくれます。
この時点で、アタッチメントの爪がベアリングとディスタンスカラーの隙間に入っているので、もう人力ではこれ以上押すことも引くこともできません。
ディスタンスカラーって何~?という方は、この機会にしっかり調べてみてくださいね。
左右のベアリングの間にあるただの筒状の部品ですが、アクスル周りではとっても重要な働きをしているんですよ。


20161023⑨

アタッチメントにプーラーを組みつけて・・・・


20161023⑩

六角レンチとレンチでプーラーをグリグリ回せば・・・


20161023⑪

ベアリングが抜けてきた!!


20161023⑫

あっという間にベアリングが抜けました。
当たり前のことなんですが、やっぱり専用の工具は使い勝手が抜群です。
同じプーラーでも、爪が開くようなタイプはイマイチ使い勝手が良くないみたいですね。


20161023⑬

取り外したベアリング。
こういったベアリングはバイクメーカーがベアリングメーカーに専用で作ってもらう場合も多いようですが、ビューエルXBの場合は通常の製品をそのまま使用しているみたい。
シールに品番があって、NTNの6006LU。

ん?LU?
LUっているのは片側のみシールされているタイプの品番みたいなのですが、取り外したベアリングはどう見ても両側シールタイプ・・・。
ちなみに、両側シールタイプだとLUではなく、LLUとなるはずです。
ん~・・・良くわからないのですが、LUという品番でもLLUだったりすることもあるそうなので、先人達に習ってLLUを注文しましょう。


20161023⑭

そして、側面には製造国と隙間の規格が記載されていました。
購入したホイールについていたものがバイク製造時のものかは分かりませんが、台湾製のC3タイプ。
バイクに使用するベアリングだと、C3が多いみたいですね。


20161023⑮

ホイールベアリングを取り外すとディスタンスカラーがコンニチハするのですが、このディスタンスカラーはベアリングが取り付けられていた部分よりも少しだけ飛び出しております。
ということは、ベアリングを取り付ける時に何も考えずに一番奥まで打ち込んだらだめってことですね。


20161023⑯

こちらがアクスル周りの重要パーツ、ディスタンスカラー。
ビューエルXBは流石スポーツバイクだけあって、ディスタンスカラーは軽いアルミ製でした。


30mm対応のセットはなかなかありませんでした・・・(私は楽天で発見)

今回購入したベアリングはこちら。
関連記事

Comments

Body
プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11