黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

ラジアルポンプマスター装着②:やっぱりすんなりはつかないよね

みなさまこんにちは。

空き時間を利用してちょくちょく作業を進めている、buell XB9R へのラジアルポンプマスターの取り付け。
事前に調べてみると、どうもすんなりいかないらしい・・・。

で、実際にやってみると、予想に反して装着するだけなら案外簡単にできました。
でも、納得いくように装着するにはやっぱりすんなりいきません!

今は納得いくように装着できるよう、いろいろ検討中です・・・。


20170116①

とりあえず、装着してみました。の状態。
純正のマスター同様、2本のボルトで固定するだけなのでとても簡単です。


20170116③

で、試しにぎゅーんっとハンドルを左に目一杯切ると、こんな感じでフロントカウルステーにごっつんこ。

ラジアルポンプマスターはどうしてもレバーの支点の位置がハンドルバーから遠くなるので、こんな風にカウルとの接触が起こりやすくなってしまいますね。
でも、当たっているのはレバーのこんもりとした一番出っ張っている部分なので、ここさえずらせばなんとかなりそう?


20170116④

ほらっ!?なんとかなった!!
マスターシリンダーの取り付け位置をハンドルバー根元に少しずらしたのです。
逆に、ハンドルバー先端の方にずらしても問題なさそう。
その場合はスイッチボックスを薄くするか、グリップを短くする必要がありますけどね。
いずれにしても、好きな位置にレバーを持ってくるのはちょっと無理そうです。

なお、取り付け位置のずらさなくても、レバーの角度を下向きにしてやっても装着自体はできますが、その場合はレバーがやや下向きになってブレーキの操作性がとっても微妙なので、おすすめではありません。


20170116②

接触するポイント、その②。
ラジアルポンプマスターのブレーキランプスイッチがアクセルワイヤーにごっつんこ。
また、ブレーキホースのバンジョーボルトもこのアクセルワイヤーとごっつんこします。
これらの問題は、マスターシリンダーの取り付け角度をちょうどいい感じに調整してやれば回避できるのですが、デメリットとしてブレーキレバーの角度を自由に調整できなくなります。


という訳で、ブレーキレバーの角度をある決まった角度にして、マスターの取り付け位置もある決まった位置にすれば、特に問題なくラジアルポンプマスターを取り付けることは可能ということが分かりました。
(私の場合社外セパハンなので、純正ハンドルバーだと若干違うかもしれません)

でもね、やっぱり少なくてもブレーキレバーの角度くらいは自由に調整したい!
とどうしても思ってしまうのです。このままじゃなんだか気持ち悪い!
そこで、ハンドル周りの部品一式を見直すことでもっとすっきり装着できないか検討してみることにしたのです。
純正のアクセルワイヤーの取り回しを変更するだけでも、かなり改善できそうですしね。

現在、構想もかなり固まって、主要な部品も入手しつつあるので、もうすぐ作業に取り掛かれそうですよー。
関連記事

Comments

Body
プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。

XB9Rホイールベアリング交換
BUELL XB9Rホイールベアリング交換

XB9R強化ドライブベルト化
BUELL XB9R強化ドライブベルト化
楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11