FC2ブログ

黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

BUELL XBに国産車スイッチボックスの流用#1;素材が届きました

ビューエルXBシリーズにNISSINラジアルポンプマスターを取り付けようとしているわたくし。

前記事:ラジアルポンプマスター装着②:やっぱりすんなりはつかないよね

ただつけるだけなら何とかなるのですが、ある程度調整幅を持たせてつけるにはいろいろと障害があります。
それは、R系の特徴であるアッパーカウルだったり、XBの特徴でもあるごっついフレームだったり。


20170122①

そして、この純正のスイッチボックスもその障害の一つ。
正しく言うと、スイッチボックスと一体になっているスロットルハウジング。
アクセルワイヤーの取り回しがラジアルポンプマスターとがっつり干渉してしまうのです。

もちろん、スイッチボックスとラジアルポンプマスターの取り付け角度を調整すれば何とか回避できるのですが、前述の通り調整幅はある程度確保したいので、この際にスイッチボックスごと交換してやることにします。
以前からこのブログをご覧になっている方はご存知かと思うのですが、わたくしはビューエル純正の、流用丸出しの安っぽいスイッチボックスが元々超気になっていたので、いい機会です。


20170122②

と言うわけで、セレクトしたのはヤマハ純正、SRのスイッチボックス。
以前からこのノスタルジックな見た目が本当に大好き。
チョッパーではお決まりの、社外パーツを駆使したミニスイッチ化や、サイドカバー(ビューエルにはないけど・・・)への移設も検討したのですが、やっぱり使いやすさは犠牲にできないので今回は見送りました。


20170122③

SRのスイッチボックスはアクセルワイヤーが下からでているので、ラジアルポンプマスターとは干渉しないはず。


20170122④

ただまぁ、当然そう簡単にはつけれないので、いろいろと加工が必要です。
まずはアクセルワイヤーの形状。
ビューエルXBのワイヤーのスロットルボディ側の形状はこんな感じでストレート形状なのですが、SR用のワイヤーは90度くらい曲がっており、全然形状が違います。
そもそも、セパハンのXB9RとアップハンのSRとではワイヤーの長さも全然違いますよね。
なので、SRのワイヤーをベースに、スイッチボックス側はSR、スロットルボディ側はXBの特殊なワイヤーを自作する必要があるのです。


20170122⑤

あと、SRはキック始動オンリーのバイクなので当然セルボタンはありません。
XSとかのスイッチボックスならセルがあるのですが、SRの方が遥かに数が多く、また安いので我慢です。
ハザードはいらないので、ハザードスイッチをセルボタンに改造しようかな?

そんなに苦労してSRのスイッチボックスを使用するには訳がありまして・・・
ノスタルジックな形状もそうなんですが、

20170122⑥

素材がアルミっていうのが大きなポイント。
軽さ=正義のスポーツバイクではなかなかありませんよね?
パウダーコートするにしても、このようにバフ仕上げにするにしても、これらの質感は樹脂製の部品では得られない、アルミ特有のものです。

ワイヤーの加工やハーネスの加工などやることは盛り沢山ですが、バフ部品大好きな私としては今からとっても楽しみなのです。
関連記事

Comments

Body
プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11