FC2ブログ

黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

Buell XB9R クラッチユニット分解

20170819_1Buellクラッチ分解

こちらはお勉強用兼部品取りのXB9Rエンジンにおまけでついてきたクラッチユニット。

珍しいことに、既にクラッチユニット自体はミッションから取り外されておりますが、クラッチ自体はアッセンブリ状態のままです。
恐らく、バラバラにするときに特殊工具(クラッチスプリングコンプレッションツール)が無かったからなんだろうなぁ、と勝手に想像。

そう、Buell XB系しかり、XL系しかり、そしてもちろんハーレーダビッドソンの多くの車種が国産車とは異なる形状のクラッチスプリングを採用しているので、分解するのに特殊な工具が必要になるのです。

国産車みたいに、普通のバネとボルトにしてくれたら特殊工具いらないのに・・・と思ってたら、最近のハーレーではそうなっているそうですね。


20170819_2Buellクラッチ分解

これがその特殊工具。

ものすごく高いのでとても買いたくありませんでしたが、塩ビ管等での代替方法はどうも勝手が悪いのでとうとう買ってしまいました。

この工具、XB系Buellに対応しているという情報は全くなかったので、物が届くまでは大変不安でした。XL系もXB系もスポーツスターも、クラッチの基本的な構造は同じだからいけると思うんだけどなぁ~。

で、届いたパッケージを見て納得。
ALL BUELL MODELS 95-01

Buell・・・2001年以降もあるよ?
これは恐らく、2001年頃に発売した商品で、その後に発売された車種に関しては調査をしていないか、調査をしていてもパッケージに反映していないのでしょう・・・・とまたまた勝手に想像。
せっかく開発した商品だろうに、あまりに商売っ気が無さすぎやしませんか?


ちなみに、注文時の画像はこんな感じだったのですが・・・
(今気が付いたのですが、下の商品説明の対応年式は03モデルまでのXLですねー。パッケージと違うじゃん!!)




届いた物はコレ。

20170819_3Buellクラッチ分解

私の目が正しければ、黒色の工具を注文したはずなのに、青い工具が届いたように見えますね。
流石アメリカ、適当なものです・・・。

話は逸れますが、私は未だにハーレー系のOEM品番だとか、ドラッグスペシャリティーズの品番だとかがよく分かりません。OEMっていうのが本来の意味と違って、「ハーレー純正部品の同等品、コピー品」という意味で使用されているのは分かるのですが、それって誰が品番決めてるんでしょうね?必ずしもハーレー純正品番=OEM品番ってワケでもなさそうだし、今回購入した工具もOEM品番と、ドラッグスペシャリティーズ品番の両方があるけど、メーカーはドラッグスペシャリティーズじゃないし・・・

XB9R、M2サイクロンのどちらも今後維持する為にはいかにハーレー用の部品を流用するかが鍵になるので、ここらへんもしっかり勉強しないといけませんね。


20170819_4Buellクラッチ分解

話はクラッチ分解に戻りまして、この工具はこんな感じで組み立てて、クラッチのアジャストスクリューと合体させて使用します。


20170819_5Buellクラッチ分解

工具本体にはネジが切ってないんだなぁ。
造り自体は非常に簡単なので、そりゃ代替品を自作する方も大勢おられるというものです。


20170819_6Buellクラッチ分解

この工具、先ほど説明した通り、本来はクラッチのアジャストスクリューを利用してクラッチスプリングを圧縮・分解する工具なのですが、今回作業するクラッチユニットにはアジャストスクリューがありません!


20170819_7Buellクラッチ分解

なので、代替品として倉庫に転がっていたM12の寸切りボルトを持ってきて、


20170819_8Buellクラッチ分解

こんな感じでセット!
寸切りボルトは何かと役に立つので、各サイズ揃えておくと便利です。安いですし。


20170819_9Buellクラッチ分解

クラッチ分解のカギとなるのは、リテーニングリングの取り外し。

このリテーニングリングがプレッシャープレートに嵌っているお陰で、クラッチスプリングが固定されているのです。なのでこのリテーニングリングを取り外すことさえできればクラッチをバラバラにできるのですが、このリテーニングリングを取り外す為にはリングを内側に圧縮しなければなりません。しかしながらリテーニングリングの内側にはスプリングシートという別のリング状の部品がある為、そのままではリテーニングリングを取り外すことができません。


20170819_10Buellクラッチ分解

そこで、スプリングコンプレッションツールの出番。

この特殊工具でクラッチスプリングを押し込めば、それに連動して中央のスプリングシートも下がるので、リテーニングリングを取り外す為のスペースができるってワケ!!


20170819_11Buellクラッチ分解

圧縮前はこんな感じでがっちり組み合っている部品が、


20170819_12Buellクラッチ分解

スプリングコンプレッションツールを使用することで、スプリングシートとリテーニングリングとの間に隙間を作ることができ・・・


20170819_13Buellクラッチ分解

とうとうリテーニングリングが外れた!

今回はアジャストスクリューが無いという、少々特殊な条件での使用でしたが、この工具を使ってXB系のクラッチも分解できることが分かりました。
これでクラッチプレートを始めとする、クラッチ関係の部品を分解することができますね。


関連記事

Comments

Body
プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11