黒亀号改め「かめLife」

バイク(BUELL XB9R)とDIYのよるガレージ製作を中心としたDIYの日記です。

 

BUELL M2サイクロンのプッシュロッド、油圧タペット

どうも皆さまこんばんは。

この前の3連休は割と天気に恵まれましたが、一転して今週末は雨ザーザーでしたね。
こういう日はガレージに籠って思う存分バイクの作業を・・・と、言いたいところなのですが、残念ながら家族サービスもあるのでそうはいきません。
そして、最近はポンポンとバイクの部品やらその他のものを買い漁ったせいで、少々金欠気味です。
M2サイクロンの作業を進めるには部品を買い集める必要があるので、この財政難では少し作業が止まってしまいそうです。


20171015_1M2サイクロンプッシュロッド

こちらは、少し前に入手したM2サイクロンのプッシュロッドと油圧タペット。

プッシュロッドはカムの力をロッカーアームに伝達する部品で、OHVエンジンならではのものですね。
もう一方の油圧タペットはラッシュアジャスターとかハイドロリックリフターとか呼ばれる部品で、プッシュロッドとロッカーアームのクリアランスを自動的に調整する部品です。


20171015_2M2サイクロンプッシュロッド

プッシュロッドは4本あるのですが、インテーク側・エキゾースト側で寸法が違うくて、短い方がインテーク側、長い方がエキゾースト側になります。
どっちがどっちかは長さを見れば分かるのですが、更に分かりやすくする為にか、インテーク側には茶色の一本線が、エキゾースト側にはピンクの3本線が入っています。親切設計!


20171015_3M2サイクロンプッシュロッド

実際に各年式のパーツリストを調べた訳ではないのですが、S&S等のアフターパーツメーカーの品番を調べると、03までのスポーツスター(エボスポ)のプッシュロッドは互換性があるっぽい。
ということは、エボスポのエンジンをまんま流用しているXL系ビューエルにも同じことが言えるってこと?

試しに、手持ちのX1のプッシュロッドとM2サイクロンのプッシュロッドを比較してみると、まぁ多分同じものっぽいですね。


20171015_4M2サイクロンプッシュロッド

ちなみに、プッシュロッドはカムの力をロッカーアームに伝達する役割のただの鉄の棒です。
内部にはオイルラインとなる穴が開いてますが、至ってシンプルな構造なのです。

純正はこのようなシンプルな構造ですが、社外品には長さの調整機能がついていたり、材質を変更した物などいろいろあるようです。
むっちゃすごいカムを入れてたり、レーシーなヘッドに交換したりとか、そういうチューンドエンジンなら、当然必要となるプッシュロッドの長さも部品の組み合わせで随分変わるんでしょうね。


20171015_5M2サイクロンプッシュロッド

さて、こちらは油圧タペット。
オイルポンプの圧力で内部にオイルを満たし、その力でプッシュロッドとロッカーアームのクリアランスを調整する部品。
オイルが入る為のちっこい穴が、クランクケース側と一致するように取り付けられています。


20171015_6M2サイクロンタペット

手持ちの'03 XB9Rのものと比較。左がM2サイクロンのものです。
細かいところはちょこちょこ違いますが、両者に互換性はあるっぽい?
こういうのは、パーツリストの番号だけでは分からないので、社外部品の品番・互換性を調べると参考になるような気がします。

早速調べて見ると、この油圧タペット、S&S等のアフターパーツの品番を見る限りは、1999年までのモデルと、2000年以降のモデルでものが違うらしいです。

この年のスポーツスターの改良と言えば、1ポッドのブレーキキャリパーが4ポッドになりました!という、BUELL乗りにとっては本当にどうでもよい情報ばかりヒットしてよくわかりませんが、油圧タペットだけではなく、カム周りも1999年までのモデルとそれ以降では品番が異なることが分かりました。
品番が違うということは、当然物が違うということですが、何がどう違うかまでは分かりません。オイル経路が変わったとかいう噂は聞くけど??なかなか詳しく調べるもの大変ですね。


20171015_7M2サイクロンタペット

多分互換性があるっぽいこの2種類の油圧タペットですが、細かい部分は少し違います。
例えば、この下のローラー取り付け部分の形状とか・・・


20171015_8M2サイクロンタペット

本体中央部の形状とか。
M2サイクロンの方の部品は、中央部分の凹部分にものすごい横傷か加工痕があるので、なんだかすっごく不安になります。
XBの方にはありません。インターネットの画像で見る限り、社外品にもこんな傷ありません。
取り付け部分の構造的に、こんな傷がこんな方向に付くことはないと思うけど・・・・新品じゃないので、いちいち不安になってしまいます。


20171015_9M2サイクロンタペット

油圧タペットの仕組みは前述の通りですが、なんだか腑に落ちない点も多々あります。

内部に油圧を掛けてプッシュロッドをロッカーアームに押し付けるようにクリアランス調整をすることは分かりますが、一方でプッシュロッド内部にオイルを送る通路もあるし、でもそれって内部の油圧が抜けないの?って思ったり、エンジンが暖まって伸びた時は速やかにクリアランスを詰めることができるのは分かるけど、反対にエンジンが冷えた時はすぐに油圧が抜けるの?抜けないでしょ?って思ったり。

いや、実際に世界中の何万という車両が正常にタペット調整されて動いてるんだから、私の疑問等見当違いなのはまず間違いないのですが、どうも仕組みをしっかり理解できていないのでモヤモヤしてしまいます。

金欠で作業も止まっているので、今度分解してみようかな・・・
関連記事

Comments

Body
プロフィール

おかぷ

Author:おかぷ
BUELL XB9Rでのバイク遊びと、DIYによるスチールガレージ改造をメイン扱っているブログ。
過去の内容をまとめたホームページもやってます。

過去作業のまとめ
KAMElife
過去の作業内容をまとめたページです。
なるべくブログ形式より見やすいようにしています。

XB9Rホイールベアリング交換
BUELL XB9Rホイールベアリング交換

XB9R強化ドライブベルト化
BUELL XB9R強化ドライブベルト化
楽天市場



BUELL XB用 K&Nオイルフィルター

BUELL XBカプラー端子補修部品

BUELL XBホイールベアリング(フロント)

BUELL XBホイールベアリング(リヤ)


シート用のスポンジはここで入手!
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11